wifiとbluetoothの違いについて

よくある質問

今では私達の生活に
ネットワーク環境は必要なツールの一つです。

ネットワーク環境
ネットワーク環境

例えば
会社でネットワーク環境が構築されていないと、
クライアントとメールをしたり、
ソフトウェアを用いた共有などを行ったりすることができないので、
業務の非効率化が生じることが懸念されます。

現在の企業のうち、
インターネットを利用していないケースは少ないです。

会社だけでなく、
家庭においても
インターネットは暮らしを豊かにしてくれます。

例えばインターネットが使えれば、
パソコンで情報収集をしたり、
チャットを使って
友達と連絡をとったりすることができるようになります。

会社であれば
社内ネットワークの構築、
家庭であれば光回線の導入などを、
既に行っている場合は多いですが、
更に現在では持ち運びが可能なwifiや、
公共wifiなども構築され、
様々な場所で無線LANを使用できるようになっています。

普段から
ネットワークを利用している人の中でも、
テザリングをする際の
wifiとbluetoothの違いについて
知らない人もいらっしゃると思います。

まずwifiを用いたテザリングの特徴は
速度が高速であることです。

実際に
ネットワークに速さを求める人は多いです。

例えば低速回線を使用している場合、
動画閲覧をしていると途中で映像が止まり、
再開するまでに時間がかかることもあります。

また、
オンラインゲームなどをしている人も多いですが、
低速回線の環境では
プレイ画面が途中で止まって、
スムーズな動きができないこともあります。

このため速度が速い方が利用しやすいと感じる人が多く、
実際に無線LANを利用する時は
この方法でテザリングできるものを使用する人は多いです。

また、
比較的安定した通信をすることができることも利点です。

例えば
途中で接続が切れると
オンライン上で作業をしている時、
その作業を記録しないと
作業したデータが全て消えてしまうので
作業負担が大きくなることが予想されます。

このように
不安定なネットワークになる状態が少ないので、
職場でも活用している人は多いです。

一方で
bluetoothを利用してテザリングをすれば
少ない電力で利用できます。

例えば現在では
バッテリーを内蔵して持ち運びができる端末もありますが、
消費電力が大きいとその分、
充電切れになるリスクが高くなります。

そこで、
bluetoothを利用すれば
バッテリー切れのリスクを低下させることができ、
長時間の利用が可能です。

テザリングに用いられるのは
wifiやbluetoothだけではなく、
USBを利用して行われることもあります。

有線であれば
特に安定した接続ができるので、
その点に魅力を感じる人もいらっしゃいます。

*======*======*======*======*
みんなのwifi
公式HPはこちら

みんなのwifi公式サイトはこちらから
みんなのwifi公式サイトはこちらから

*======*======*======*======*